統一感のあるウッドデッキ・フェンス

デッキとフェンスが一体感あって広く感じます。
全て塞いで閉塞感を出さず、風通しや日あたりも考慮したデザイン。
大きい樹木が入るスペースは大きく区切り、草花を植えるスペースと大きさを変えてます。
一部縁側のようにして、ステップ兼腰かけのようにお使い頂けます。
樹木が成長すると、緑が溢れてお庭やさん冥利に尽きますね。
デッキが無い部分も土間コンクリートはきりの良い所まで打つといです。
隙間1cmのフェンスは裏側が見通せなくなる、絶妙のバランスです。これより広いとシルエットが気になります。
花壇など作らなくとも根止めプレートで仕切りは出来ます。コストカットの極意です。

石川県金沢市で縁側とデッキとフェンスを組み合わせた工事をさせて頂きました。
こちらもハードウッドを使用したメンテナンスフリーのデッキです。塗装も必要ありません。
初期コスとは高くとも、維持費がかからない、手間がかからないのは家計に優しいですね。
加えてデッキの束柱とフェンスの柱を合わせたためデザインもすっきりして、コストも抑え、スペースも広くなりました。
デッキの下は土間コンクリートですので雑草の心配や、デッキが動く心配もないです。
周りも防草シートを敷いて、砂利敷きをしてありますので、雑草も生え難いです。
デッキを低くしたのは目隠し効果を高めたためで腐りにくいハードウッドならではの施工です。
ここで家族みんなで集うのには最高の空間ですね。